BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

襖の張り替えとはどういうこと?

2021/04/11
襖は和紙でできていますので、物が当たるとどうしても破れてしまい、見た目が悪くなってしまいます。
今回は、襖の張り替えについて見ていきましょう。

▼襖の張り替えできれいになる
張り替えとは、破れたり、汚れてしまった襖をきれいにする方法です。

■襖の張り替えの目的
襖は木を組んで枠組みを作り、その上から和紙を張っていきます。
そのため、木枠のない部分に物が当たると、そこは紙だけしかありませんので、場合によっては破れてしまいます。
日本家屋には、襖と同じように木枠を作り、紙を張った障子と呼ばれる建具がありますが、こちらも破れるのは同じです。
ただし、襖に使われる紙は障子紙に比べて丈夫ですので、少し当たったくらいでは破れません。
けれど、年月の経過と共に劣化しますし、重い物が当たると破れるのは致し方ないところです。
また、汚れも目立ってきますので、破れや汚れでみすぼらしくなった襖をきれいにすることが、襖の張り替えの一番の目的と言えます。

■襖の張り替えはエコ
木をはじめとする素材でできたドアは、傷や汚れによって劣化してきた場合、交換せざるを得ないでしょう。
その点、襖は木枠に問題がなければ、襖専用の和紙を張り替えることで見違えるほどきれいになります。
木枠はきれいだけれど、襖の和紙だけが傷んできたという場合は、和紙の張り替えだけでまだまだ使えますので、非常にエコな建具です。

▼まとめ
部屋のドアが汚れてどうにもならない時は、新しいものに交換せざるを得ませんが、襖なら張り替えを行うだけできれいになります。
和紙のみで生まれ変わることを思えば、地球環境にとってもエコですね。
当店では優れた技術と丁寧な作業で襖の張り替えを行っておりますので、お気軽にご相談ください。