BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

襖のストッパーについて

2021/05/21
今回はさまざま役割を持つ、襖のストッパーについて見ていきましょう。

▼襖のストッパーとは
襖の開閉をロックする機能や、閉める時のスピードを抑える役割を持つ金物を、ストッパーと言います。

▼ストッパーの役割について
どのような時に襖にストッパーを付けると良いのか、ストッパーのもつ役割と一緒に見ていきましょう。

■襖に鍵を付けたい時
襖には基本的に鍵が付いていないので、人に見られたくない部屋や、押入れの襖も簡単に開けられてしまいます。
これらの不安を解消したい人には、鍵がなくても開閉をロックすることができる襖用のストッパーが便利です。
賃貸向けの、シールタイプの簡易ストッパーなどもあり、用途に合わせて選ぶことが可能です。

■安全に静かに襖を閉める
小さなお子様のいるご家庭では、お子様が勢いよく襖を閉めてしまい、指が挟まってしまう心配があります。
また、襖を勢いよく閉めると大きな音が鳴るので、その音による苛立ちを解消したいと考える人も、中にはいらっしゃいます。
そんな時には、襖を閉じるスピードを減速させる機能をもつストッパーが便利です。
万が一、勢いよく襖を閉めてしまっても、ストッパーがスピードを緩めてくれるので、指が狭まる心配や、大きな音が出る心配が無くなります。

▼まとめ
今回は襖用のストッパーのもつ役割について見てきました。
襖につかうストッパーは、ネット通販やホームセンターでも購入することができるので誰でも設置が可能です。
しかし、その引き戸に合ったものでなければ、ストッパーとしての機能を果たすことができません。
当店では、襖をはじめとする、さまざま引き戸に合わせたストッパーの設置を行っております。
ストッパーの設置に詳しいスタッフが、あなたの襖の開閉に関するお悩みを解決いたします。
お気軽にご相談下さい。