BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

畳にカビが生えた時の対処法とは

2021/09/15
梅雨など湿気の多い時期は、油断すると畳にカビが生えてしまうことがあるかもしれません。
このような場合はどうすれば良いのでしょうか。
今回は畳にカビが生えてしまった時の対処法について解説します。

▼畳にカビが生える原因は?
畳は「い草」という植物でできていますが、通常のい草にはある程度カビを予防する効果があります。
それでも畳にカビが生えてしまった場合、以下のような原因が考えられます。

・室内の換気が悪く湿度が高すぎる
・掃除が行き届かず汚れが溜まっている(カビのエサになる)
・暖房のかけすぎで室内温度が高い状態が続いている

まだ畳にカビが生えていない方も、上記のような環境に心当たりがある場合は、早めに改善策を考えておくと良いでしょう。
■畳のカビの対処法
畳にカビが生えているのを発見した場合は、以下の手順で対処を行ってください。

1.窓を開けてカビの部分に丁寧に掃除機をかける
2.乾いた雑巾で畳の目に沿うようにしっかり拭く

カビの量が少ない場合は、これで十分対処できるでしょう。
もしご自身での対処が難しいと感じる時は、業者にご依頼いただくことでカビの除去が可能です。
金沢屋由比店でも、畳のカビ除去のご依頼を随時承っています。
専用の薬剤などを使ってカビを取り除いていきますので、ご自身で対処するよりも綺麗な仕上がりになりますよ。
もし畳の傷みが酷い場合は、貼り替えにも対応させていただきます。

▼まとめ
畳にカビが生えてしまっても、取れる対策は色々ありますのでご安心ください。
しかしカビを予防することも大切です。
ぜひ普段から換気や掃除をこまめに行って、大切な畳をいたわってあげてくださいね。