BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

畳の掃除方法。塩が使えるって本当?

2022/03/01
「畳は塩で掃除できる」というのを聞いたことがありませんか?
そこで今回は、畳の掃除方法について色々とご紹介していきます。

▼塩を使った掃除方法
塩を使った畳の掃除は、昔から行われています。
塩は畳に優しい素材で、変色させたりもしません。
まずは汚れが気になる部分に、乾燥した状態の塩をまきます。
次に歯ブラシなど柔らかいブラシを使って、畳の目に沿って汚れを掻き出します。
最後に塩を汚れごと掃除機で吸い取って完了です。
ちなみに塩の代わりに小麦粉やチョークの粉、ベビーパウダーも使えます。

▼その他の掃除方法は?
畳は塩以外でも掃除できます。

■ほうき
ほうきで掃除するのも可能です。
目に沿って優しく汚れを吐き出しましょう。
ちなみに掃除機やお掃除ワイパーでも畳を掃除できます。
この際も畳の目に沿って掃除するのがコツですよ。

■水拭き
畳は水拭きもできます。
水を含ませ固く絞った雑巾で、畳の目に沿って拭きましょう。
水拭き後は風通しを良くして、畳をしっかりと乾燥させます。
雑巾の代わりにお掃除用のウェットシートを使うのも可能ですよ。

▼まとめ
畳は綺麗に掃除するだけでなく、風通しを良くして湿気を防ぐことも大切ですよ。
ちなみにコロコロ(粘着式カーペットクリーナー)はイグサを毛羽立たせる可能性があるので、畳には使えません。

静岡市清水区にある金沢屋由比店では畳の張替えを行なっております。
「掃除しても取れない汚れがある」という場合は、ぜひお気軽にご相談くださいね。